若手ダンサー達との交流。社交ダンスサークル「CDC」

こんにちは。

今日も出張レッスンのお話。

 今日行ったのはJR中野駅から徒歩10分
「中野ゼロ」で活動していらっしゃる若手青年の社交ダンスサークル「CDC」。
http://c-dc.org/

 このダンスサークルは『初心者初級者向け年齢制限が33歳未満の青年ヤング社交ダンスサークル』
若い皆さんが本当に楽しく練習に励んでいます。
男女の比率も良く、なんだか仲良しばっかりが集まった、学校のクラスメイトみたいな雰囲気です。

 以前からこのサークルでは、社交ダンスの種目の他に、サルサやアルゼンチンタンゴも練習していたんですって!

私がアルゼンチンタンゴの出張レッスンに行ったのは2月7日と今日(3月6日)の2回。

さすが普段、社交ダンスを踊っているだけあって、ペアダンスには皆さん慣れている。

 アルゼンチンタンゴ特有の組み方(アブラッソ(抱擁))に、はじめは抵抗があったようですが、やっていくうちに段々なじんできたみたい。

 レッスン開始から30分後には、後ろのオーチョやサンドイッチなどを楽々と踊ってしまう。
皆さんの吸収力の凄さと集中力に驚いてしまいました。

 3月16日(日)にはCDC主催の競技会が開催されるそうです。
『第2回CDC教育カップ』
社交ダンスの種目の他に、サルサやアルゼンチンタンゴの部もあります。

アルゼンチンタンゴの審査員は、なんと私(満起子)が務めます。
出場者はまだ募集しているそうです。
詳しくはCDCのホームページをご覧下さい。
http://c-dc.org/

 ダンス好きな方々との出会い。
とても楽しくレッスンできました。
画像

このような機会をいただけて本当に感謝しています。

3月16日(日)はどんな競技会になるのか?
また、どんな出会いがあるのか?

楽しみです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • レイバン ウェイファーラー

    Excerpt: 若手ダンサー達との交流。社交ダンスサークル「CDC」 TANGO PLANET/ウェブリブログ Weblog: レイバン ウェイファーラー racked: 2013-07-03 23:41